誰は歳月の奥に思い切り谣う

はあなた、私の勇気を揮毫破墨を持つようになりました;はあなた、私の鳴き声を保有した怡情の気さくです;お前もだ、私独りに耳をつんざくような構図ひとつあなた!いくつの朝朝暮暮は思い出に刻まれて、あなたの名だ。几山河を横切り、季节の中で千回百转用はやさしい心の中、去来丰盈守窓の歳月の静美は心底だった。にっこりと微笑んだ。爱怨む)して、泣きし悟した、笑ったことも、舎、です。1段のごとし光阴で…

続きを読む